QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
HAL
記録的な猛暑だった2010年の夏は野菜が高騰しました。それならば自分で作ろうと思い立ち、母(大正生まれ)が元気な間に野菜の作り方を教えて貰おうと弟子入りしました。

2012年01月31日

寒い朝

今日で1月も終わりですが、あっという間に過ぎてしまいました。
今朝の畑は霜と僅かな雪とで真っ白でした。

こちらは11/20にレタスミックスの残りを大株にしようと定植したものです。
霜で凍えているようです。



こちらはイチゴの畝です。
もう片方にもマルチが敷いてありました。
母が昨日施したのでしょう。



よく見ると株の所を破っていますが、葉をマルチから出ていません。
昨日も寒かったので、そこまでできなかったと思います。



今年は特に寒い日が続きますが、明日からは2月です。
野菜たちももう少し耐えて貰えれば芽吹きの季節がやってきます。
もうしばらくの辛抱かな・・・  
Posted by HAL at 18:47Comments(4)TrackBack(0)畑の様子

2012年01月29日

エンドウの手を取る

寒い日が続きます。
今日も開墾の続きをしようと思ったのですが、畑は霜柱が立ってカチカチでした。

昨年のブロッコリーはムクドリやヒヨドリの被害に遭ったのでキラキラを張ることに。
効果があるかどうかは分かりませんが、無いよりはマシかも。



エンドウは正月休みに魚網を張り終えていましたが、手を取ってやらなければなりませんでした。
来週も寒さが続くようなので魚網に稲藁を縛っておきました。
相方が実家から貰ってきてくれたので遠慮なく使えます。



もう一畝にも。



思いのほか時間がかかってしまい開墾は午後からでした。
2時間ほどで何とか小山を片付けることが出来ました。



相方が姉に野菜を送りたいというので夕方は収穫です。
下仁田ネギと四川搾菜。



こちらは紅心大根、コールラビ、ニンジン、大根、水菜、かつを菜と里芋です。



喜んでもらえるといいのですが・・・  
Posted by HAL at 18:10Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月28日

まだまだ続く開墾

今日は9時過ぎまで雪が降っていたのですが、その後晴れ間が広がり風もなかった過ごしやすい一日でした。
そんな中、10時過ぎから今日も開墾です。

こちらが開墾前の様子です。



昼食をはさんで4時過ぎまで作業をしていましたが、さすがに飽きてきました。
それでも小山の開墾が明日で終わりそうです。



野菜たちの様子を見回ると菜花に花蕾が出ていました。
寒い日が続きますが、野菜たちは春の準備が進んでいます。

  
Posted by HAL at 20:11Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月26日

寒さに耐える野菜たち

今朝は今年一番の冷え込みのようで、昼間に雪もちらついていました。
畑には霜の上にうっすらと雪がかかり、土も凍ってカチカチでした。



こちらはジッと耐えるスナックです。
上の株はダメかな~藁を掛けてやった方が良いかも・・・



こちらはそら豆です。
昨年と同じくらいの大きさですので心配はしてないけれど・・・



こちらは貧弱なタマネギです。
やはりジッと耐えているように見えます。



こちらはイチゴです。
土にへばりついています。



おや、イチゴの片方の畝にマルチが施されています。
母が昨日やったのでしょう。
休みの日に手伝うからと言っておいたのに・・・

  
Posted by HAL at 18:23Comments(2)TrackBack(0)畑の様子

2012年01月24日

キャベツの様子

今日は寒いです。
畑も朝は霜で真っ白でした。
そんな中、出勤前に栽培しているキャベツの様子を見てきました。

こちらは収穫が続く第一陣です。
小さいものばかりになってきました。



こちらは第二陣です。
霜で真っ白になっていますが、中心は巻始めています。



こちらは第三陣です。
定植したときは第二陣より大きかったのですが、品種の違いなのか生育が遅いです。



こちらは第四陣です。
定植したときからほとんど成長していません。

  
Posted by HAL at 18:51Comments(4)TrackBack(0)畑の様子

2012年01月22日

今日も開墾

今日は朝方まで降っていた雨も上がり、久し振りに昼間は10℃を越えました。
こんな日にこそ開墾だと思い、朝8時過ぎからスコップを握っていました。

疲れました・・・
山がもう少しでなくなりそうです。



さすがに午後4時頃には飽きてしまいました。

このところ収穫は相方が行っていたのですが、久し振りに菜園№2へ里芋を掘りに行ってきました。
収穫する里芋はこのようにビニールが掛けてあります。



今日は3株を収穫です。



ここにはネギ(越津ネギ、下仁田ネギ)が育苗してあります。



ちなみにこちらは栽培している越津ネギです。



家に戻ると相方からほうれん草を採ってくるように言われました。
現在収穫中のほうれん草は菜園№3にあります。
買い物カゴに一杯です。



再度家に戻ると今度は下仁田ネギを収穫しておくようにとのこと。



ついでにブロッコリーも収穫しておきました。
さすがに脇芽ばかりですので余りありません。

  
Posted by HAL at 20:56Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月21日

久し振りの雨

昨日から久し振りの雨が降っています。
ここまで雨が降らなかったのに何もオイラの休みに降らなくても・・・

雨の合間を見計らって、先週の続きで荒起こしをしました。
ここにトマトやナスを栽培する予定です。
スギナの根を取り除いたので少しは減って欲しいなぁ・・・



こちらは四川児菜と四川搾菜の様子です。
霜で随分と葉が痛んでいます。



とりあえず収穫してみました。
大きなものが四川搾菜で、小さなものが四川児菜です。
浅漬けにして食べて見ます。



こちらは収穫してからカラを剥いて乾燥させていた黒豆です。
食べられそうなものを選んだらこれだけになってしまいました(90g)。
一回分は食べられそうです。

  
Posted by HAL at 17:46Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月18日

寒い朝

今朝は一段と冷え込み寒かったです。
車のウィンドウを融かす間に野菜たちの様子を撮影してきました。

このように畑は霜で一面真っ白です。
手前に茂っているのはスギナ除けに種を播いたえん麦です。
寒さが続いているためか葉が黄色くなったものもあります。



こちらはキャベツの畝です。
第一陣をほとんど採り尽くし、第二陣の成長を待っているところです。



こちらはキャベツの隣にあるブロッコリーです。
現在は脇芽をチマチマと採っています。



こちらは右から、分葱、大蒜、水菜の畝です。
水菜がちっとも減らないです。



こちらは下仁田ネギとラッキョウの畝です。
下仁田ネギは収穫が続いてますが、やっと4割ほどです。



こちらは霜で萎れているそら豆の畝です。
去年もこんなものだと思いますが、心配です。



母が15日に寒菊の刈り取りを行っていましたが、耕耘機で耕した場所に植え替えがしてありました。
暖かかった昨日に施されたのでしょう。

  
Posted by HAL at 08:40Comments(2)TrackBack(0)畑の様子

2012年01月17日

切り干し大根

今日は暖かい一日でした。
とはいってもサラリーマンのオイラは普通に仕事をしていましたが。

先日の15日(日)に実家(徒歩5分)へ行ったところ、母が切り干し大根を干していました。
毎年作ってくれて煮物に利用させて貰います。
これは軒先に干している状態で、それぞれ7本分だそうです。



縁側を覗くとさらに乾燥が進んだものが並べられていました。



使った大根は第一陣として栽培したもので、随分と太くなったものです。
この日も最後に残った7本を収穫して切り干し大根を作るそうです。
畑には第二陣が採り頃を迎えており、今のところ困ることはありません。

  
Posted by HAL at 18:05Comments(2)TrackBack(0)母の教え

2012年01月15日

今日は荒起こし

今日も寒い一日でした。
それでもほとんど風がなかったのでスコップでの作業は暑いくらいでした。

昨日母から大根と白菜の跡地でトマトとナスを栽培するので片付けておくように言われておりました。
2月の終わりには石灰窒素を撒くので、その前に荒起こしをしておくことに。
こちらが現在の様子です。



まずは残渣を片付けます。
ここでは大根が残っていますが、午後に母が全部抜いていきました。



スコップで起こしていきますが、やはりスギナの根があるので中々進みません。
今日は半分ほど起こして終了です。



こちらは今日取り去ったスギナの根でバケツに4杯ありました・・・



今日は午後から母が畑に来て花が終わった寒菊を片付けていました。



植え替え場所を聞くと秋採りエンドウの跡地にするというので慌てて撤去しました。
撤去前のエンドウの様子です。
もう収穫は終わっています。



魚網を取り外してねぶしを解体したところです。



母は自分で耕すというので、先に耕耘機で耕しておきました。



考えてみれば今年に入って初めて耕耘機を使いました。
ということはスコップを使った土木工事ばかりしているんですね・・・  
Posted by HAL at 18:46Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月14日

開墾は続く

今週は寒い日が続いています。
今朝は霜は降りていませんでしたが、寒い一日でした。

朝一で畑を見るとエンドウの片側に土が寄せてあります。
母に聞くと、昨日追肥と一緒に施したそうです。



中々大きくならないタマネギですが、畝の中央に遅効性の化成肥料が追肥してありました。



こちらのイチゴにも同様に施してあります。
母がイチゴにはマルチをしたいと言っていましたが、暖かくて風のない日に施さなければならないので寒くて出来ないと嘆いていました。



オイラの今日の作業は相変わらず開墾です。
一日中スコップでほじくり返していました。



こちらは今日の成果品で、バケツに八杯です。
憎きチガヤは二週間後に焼却します。



こちらは今日の収穫です。
第一陣のキャベツですがもう小さいものしかありません。
ロマネスコは4株の苗を定植したのですが、これで最後になります。
あと種から育てている株がありますが、ちっとも育たず未だに花蕾が付いていません・・・


  
Posted by HAL at 17:21Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月11日

春の準備

1/9に母が春の準備を始めました。

ここは1/4にオイラがスコップで荒起こしをしたほうれん草(第一陣)の後で、春蒔きのニンジンを栽培するのに石灰窒素を撒いています。
そういえば、現在収穫中のニンジンの畝にも石灰窒素を撒いていました。



その後、鶏糞を撒いていきます。
ニンジンの種まきを行うのは3月だと言っていましたから、しばらくはこのまま放置のようです。



ここは昨年、オクラとバジル、ニガウリ、十六ささげ、シカクマメ、千石豆を栽培していた場所で、12/11に耕耘機で耕した場所です。
ここにも二畝分石灰窒素を撒いています。



ここでは長芋とゴボウを栽培するそうで、昨年は長芋が4/29に定植し、ゴボウは4/30に種まきを行っていました。

母は今年で86歳になるのですが、痴呆の症状はまったく出ていません。
50年以上も野菜を栽培してきて、未だに時期が来ると天候を気にしながら必要な作業を行い、連作のことで頭を悩ましています。
まぁ、種を買い忘れたりする物忘れはそこそこありますが・・・  
Posted by HAL at 09:04Comments(4)TrackBack(0)母の教え

2012年01月09日

アスパラ救出作戦完了

今朝は冷え込んだものの霜が降りていませんでした。
それでも霜柱はしっかりと立っていましたが。

今日は昨日の続きでアスパラの救出作戦です。
残っていた株の周囲をチガヤを取りながら掘っていきます。



その後、底にスコップを入れて力ずくで押し倒します。



アスパラの株から土を落とし、チガヤ、スギナ、ハマスゲの根を取り除きました。
こちらは掘り終えた状態です。



毎年アスパラは収穫できるのですが、ここ数年は母も手入れをしていないので収穫量が落ちています。
この際に手入れをしようと思い、よそのブログを真似てみました。
まず藁で株を焼きます。



その後、土を寄せて鶏糞、バーク堆肥、油粕を被せました。



救出したアスパラの株は畝の開いているところに埋め戻して油粕を被せておきました。



こちらはアスパラの畝です。
アスパラは家族全員の好物ですので、何とか増量が出来ると良いなぁ。



午後は今日もひたすら開墾作業です。
結局この三連休は、ず~っとスコップを持ってたことに。
疲れました・・・

  
Posted by HAL at 17:28Comments(4)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月08日

今日も開墾

今朝も冷え込んで朝は霜で真っ白。
それでも昼間は日が差して風も弱く作業をするには好条件でした。

9時頃の畑です。
日が当たる場所から霜が消えていきますが、建物の影は白いままです。



今日も開墾を進めて、日が当たった午後からはアスパラの救出活動です。
昨日周囲を掘った株を助け出しました。



こちらが掘り出した株です。



思ったより多かったので急遽移植先を掘って苦土石灰を撒いておきました。



アスパラはもう一株分残っています。
明日も続きを・・・

  
Posted by HAL at 18:07Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月08日

開墾作業

正月休みが終わったばかりなのに三連休です。
昨日は晴れていたものの風があり寒い一日でした。
そんな中終日開墾作業を行っていました。

こちらは現在の耕作放棄地の様子。
石の右側は隣接地でやっぱり耕作放棄地です。



この小山は2年前にチガヤの進入を防ぐために掘り起こした土を盛ったものです。
当時は土を掛けておけば絶えてくれると思っていましたが・・・



同じことの繰り返しでは飽きてしまうので、チガヤに埋もれたアスパラの救出も並行して行っています。



こちらが掘り起こしたチガヤ、ハマスゲ、スギナの根です。
乾燥させて焼却です。



土木工事ばかりで酒を飲み始める時間も早いので寝付くのが早いです。

おまけ

息子のベッドで寝ていた飼い猫3匹を一緒に写せました。
オイラんちの猫は決してくっついて寝ません。
ご覧のように微妙な位置関係を保っています。

  
Posted by HAL at 06:05Comments(4)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月04日

荒起こし

今日は霜は降りていなかったものの、冷たい風が吹く寒い一日でした。
正月休みも今日で終わり、明日から仕事が始まります。

開墾やアスパラの救出が残っているものの、同じ作業ばかりでは飽きてしまうので、今日はスコップで荒起こしをしました。
寒いと思い着込んで作業を行うと薄っすらと汗をかくほどでした。
やはりそれなりの重労働ですね。

起こした場所は黒豆やモロヘイヤ、ツルムラサキを栽培していたここと、



トマトやナス、ピーマンを栽培していたここと、



ほうれん草の第一陣を栽培していたここです。



スコップの刃が入る深さをスギナの根を取りながら起こしたのですが、場所によってはスギナの根が減ってきたような気がします。
ホントに減ってくれるといいのですが・・・

こちらは今日の収穫です。
休みの間は相方が収穫をしてくれたのですが、相方は今日から仕事ですので。
かつを菜、コールラビ、ブロッコリー(脇芽)です。

  
Posted by HAL at 17:13Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月03日

エンドウ類のネット張り

昨日は相方の実家へ家族で出かけており、例年通り飲んだくれて帰ってきました。
今日は多少風があり気温も低かったですが、エンドウ類にネットを張りました。
昨年は母が張りましたが、母は背が低いのでネットもがどうしても低くなってしまいます。
母が動き出す前にと思い、今日張り終えました。

まずはねぶしで支柱を立て、昨年使用した竹を横に渡しました。



これに魚網を掛けて麻紐で縛っていきます。
キュウリネットも考えましたが、片付けやすさは魚網の方が楽でしたので。

ここには2畝定植してあり、東側に「スナック=49株」、「赤花鈴生砂糖=18株」で、西側に「久留米ゆたか=62株」、「成駒三十日=14株」です。



こちらには1畝が定植してあり、「ツタンカーメン32株」と「つるあり赤花絹莢=17株」です。



定植は12/15、17、18に母が行ったもので、今のところすべて根付いたようです。



魚網を随分上に張ってしまったので、藁で手を取らなければなりません。  
Posted by HAL at 17:52Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2012年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
昨年の未曾有の自然災害と原発事故で大変な生活を余儀なくされている方々には改めてお見舞い申し上げます。

オイラはというと、例年通り近くの寺院へ除夜の鐘をつきに行き、午前中に氏神への初詣を済ませ、徒歩5分の実家へ年始の挨拶という変わり栄えのしない元旦を迎えました。
何事もなく平穏な正月がありがたいと思う年の始めです。

今年最初の投稿ということで菜園の様子を。
まずは菜園№1で、メインの畑です。



こちらは菜園№2の様子です。
ここには越津ネギとビニールを掛けた里芋があり、ネギ類が育苗されています。



そして菜園№3の様子です。



今日は風もなく日差しがあったことから午後は今年最初の菜園活動を行いました。
ずっと気になっていたアスパラの救出です。
以前に掘り進めていた株の周りを掘り進めます。



こちらは掘り起こした株(4株ありました)ですが、随分と根を切ってしまったように思います。



掘り出したあとはチガヤの根とスギナの根を取り除きます。



埋め戻したあとは油粕を撒いて終了です。
うまく根付いてくれれば良いのですが・・・



思いがけずも元旦から頑張ってしまいました。
明日は相方の実家へ行くので、飲んだくれて一日が終わりそうです。  
Posted by HAL at 17:49Comments(2)TrackBack(0)菜園活動