QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
HAL
記録的な猛暑だった2010年の夏は野菜が高騰しました。それならば自分で作ろうと思い立ち、母(大正生まれ)が元気な間に野菜の作り方を教えて貰おうと弟子入りしました。

2011年12月31日

ゴボウの収穫 part2

平成23年も今日が大晦日です。
今朝も畑は霜で一面真っ白になっています。

昨日は掘り残したゴボウの収穫をしました。
あと3m位あります。



こちらが出てきたゴボウです。



午後三時までかかりましたがすべて掘ることが出来ました。



途中、近所の方たち三人にお裾分けをしましたが、これが今日の収穫です。
昨日と違って肌の綺麗なゴボウが多かったです。
このあと土を掛けておきました。



今年は又根のものが多かったのですが、長芋の後作に出来なかったことが原因のようです。



これは直径が5㎝を超えるもので肌も綺麗ですが、又根が残念です。
まぁ、出荷するわけではなく自家消費ですので問題はありませんが。
しかし、こんなに沢山のゴボウを食べきれるのかな・・・
  
Posted by HAL at 08:32Comments(2)TrackBack(0)収穫

2011年12月29日

ゴボウの収穫

今日から休みです。
今朝も畑は霜で真っ白でした。

今日は九時過ぎから終日ゴボウの収穫をしていました。
ゴボウは長芋と同様に少しずつ収穫をしていましたが、一気に掘ることに。
これが掘る前の様子です。
葉はすでに霜で倒れています。



こちらは午前中の収穫です。
オイラんちのゴボウは何故か真っ黒になってしまい、相方に不評です。
今年のゴボウは又根になっているものが多くて掘るのが大変です。



今日一日で全部掘れませんでした。
明日も掘らないと・・・

こちらは今日一日で掘ったクズのゴボウです。
相方に刻んで醤油に漬けてもらい、酒のつまみに変身してもらいます。



掘ったゴボウはとりあえず埋めてありますので、必要なときに掘り出して使用します。  
Posted by HAL at 20:07Comments(0)TrackBack(0)収穫

2011年12月28日

寒い朝

今朝も冷え込み、畑は一面の霜でした。
残っていた雪も随分と溶け、明日からの正月休みに農作業ができそうです。
車のウィンドウを融かす間に野菜たちの写真を撮ってきました。

こちらはスギナを抑えて貰うために蒔いたえん麦です。
成長が早くとても麦踏みなんてできません。



こちらはエンドウです。
這いつくばっていますが、大丈夫でしょう。
休みの間にネットを張れるといいんですが・・・



こちらはそら豆です。
エンドウに比べ良く育っており、脇芽も出ています。
くた~っとなっていますが大丈夫でしょうか。



こちらは大株に育てている水菜です。
霜で真っ白になり、とても収穫できるとは思えない状態です。



最後にキャベツの第二陣の様子です。
巻始めてはいますが収穫にはほど遠いです・・・
それでも元気に育っています。



今日が仕事納めで、午後から社内の大掃除です。
オイラの仕事は民間で公共事業のお手伝いをしているのですが、昨今の公共事業へのバッシングから仕事量が激減しています。
会社を変わって5年目になりますが、前の会社では年度末に向けて仕事量が増えるので、正月休みなんて3日位しか取れませんでした。
まぁ、そのおかげで農作業ができるようになったのですが・・・  
Posted by HAL at 08:38Comments(2)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月27日

秋採りエンドウの様子

今朝は寒かったです。
25日に降った雪で畑が白いまま。
今日、明日で溶けてくれないと農作業ができません。
よく見ると、球レタスに掛けてある防虫ネットが潰れています・・・



町中や会社周辺の雪はほとんどありませんが、家の周りは畑ばかりなので残っています。

こちらは週一で収穫を続けていた莢エンドウの24日の様子です。



花は咲いているものの、寒さで実が着かなくなりました。
例年霜に当たるまでが収穫時期なのでしかたがありません。
恐らくこれが最後の収穫でしょう。莢にも霜の影響でまだら模様が付いています。



まぁ、春になれば飽きるほど食べなくてはなりませんので・・・  
Posted by HAL at 08:28Comments(4)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月25日

長芋の収穫part2

今日はクリスマスです。
と言っても子供の大きくなったオイラんちでは何もありません。
今日は朝からみぞれが降り、途中から雪に変わりました。
今も雪が降っており、明日の朝が心配です。



畑では雪が降っていましたが、昨日掘り残した長芋が2.5mほどあります。
これを掘っておかないと次の農作業の予定が・・・



幸い風は吹いていなかったので、つま先は冷たいもののスコップを使うので寒さは感じませんでした。
午前中で何とか終了しました。



今日は長芋が20本ほどで、あまり長いものはありませんでした。



一本だけチガヤが刺さっていたものがありました。
もっとあるかと思っていましたが。



こちらは掘り出したチガヤの根です。
スギナの根はほとんどなかったので、思ったより時間がかかりませんでした。



  
Posted by HAL at 17:47Comments(4)TrackBack(0)収穫

2011年12月24日

長芋の収穫

今朝も霜で真っ白、畑に出れたのは9時頃です。
今日もありがたい事に日差しがあり、風も弱かったです。

今日は一日中長芋を掘っていました。
少しずつ収穫をしていました、一気に掘ることに。
これが収穫前の様子です。
右手は耕作放棄地なので、放っておくとチガヤが蔓延るので退治も兼ねています。



掘り出す途中で、茶色く見えるのが長芋です。



これが掘り出した長芋で、出来の良い方です。



結局、一日では全部を収穫できませんでした。
これは掘り返した土の山・・・



こちらが収穫したスギナの根です。



そしてホントの収穫である長芋です。
40本ほどありますが、どうやって保存するのか母に聞いていませんでした。



おまけ
相方が親類に野菜を送るからというので収穫をしました。
白菜、大根、ニンジン、蕪、紅心大根、水菜、コールラビ、かつを菜、下仁田ネギです。
これに昨日収穫したジャガイモを送りました。



こちらは自家用の野菜です。
下仁田ネギ(太いものを送って、細いものを自家用だなんて)、水菜、だるま大根、春菊です。

  
Posted by HAL at 17:51Comments(2)TrackBack(0)収穫

2011年12月23日

ジャガイモの収穫

今朝は霜で畑は真っ白。
昼間は晴れているものの、風が強くて寒かったです。
そんな中、今日はジャガイモの収穫をしました。

こちらが収穫前の様子です。
ジャガイモは10畝の栽培で、奥から4畝がアンデス。
次いで4.5畝が農林1号、そして手前1.5畝が中が黄色いジャガイモ(デジマ?)だそうです。



これがアンデスの収穫です。
良い出来でした。



こちらの右2かごがが農林1号、左の1かごが黄色いジャガイモです。
違いが分かりません。
木があまり育たなかったのですが、大きな芋もあります。
まぁ、こんなもの?



そして収穫後の様子です。



春作のジャガイモは広く芋が出来ますが、秋作は広がらないのですね(初めて知りました)。
おかげで掘り出すのは楽でした。

春作のアンデスは芽が出てフニャフニャになったので処分することにしました。
1ケース半ありました・・・
早くお裾分けすればよかった。  
Posted by HAL at 20:37Comments(6)TrackBack(0)収穫

2011年12月21日

菜園№3の様子

18日には母のエンドウ類の定植を見るのに菜園№3へ行ったので、ここに栽培してある野菜たちです。
菜園№3は60坪ほどの面積で、20年ほど前まで宅地として借地していた場所です。
どのような経緯で野菜を作っているかは不明ですが、近所の方たちにお裾分けする野菜たちです。
メインの畑が終了すれば収穫しますが・・・

右側にほうれん草の第四陣、そしてもち菜が二畝あります。



次いでほうれん草の第五陣が三畝あります。
ほうれん草はすべて「次郎丸」だそうで、どちらかで自家採種すると言っていました。



そして小麦が五畝栽培してあります。
小麦も自家採種を続けているもので、スイカのマルチに使います。



こちらには、手前からほうれん草第三陣、越津ネギがあります。



さらに、手前左はべんり菜で、奥は左からもち菜、水菜・青梗菜、カブ、ダイコンが栽培されています。



母はメインの畑で苗や種が余ればここで栽培しています。
オイラもほうれん草以外をここへ収穫に来ることはありませんので、近所の方たちが自由に収穫するようです。
まぁ、小麦はここだけですが。  
Posted by HAL at 18:46Comments(6)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月20日

えんどう類の定植

今朝は車のウィンドウが凍りついていました。
寒いです。

先週の15日、17日、18日で母がえんどう類の定植をしました。
こちらが15日に行った定植です。
11日にオイラが耕耘機で耕した場所に紐を張って一部が植え付けてあります。



母の作業順に並べていきます。
まずは寒冷紗が掛けられていた苗床から種類別に苗を掘り起こしていきます。



次いで、苗を3本づつ並べて置いていき、順番にまとめて植え付けていきます。



植え付けの様子を見ると、



反対側からみるとこうです。



こちらが菜園№1に定植された二畝です。



そしてコールラビとかつを菜の間に一畝です。



植え付けの画像は菜園№3で撮影したもので、こちらにも一畝あります。
株元には化成肥料がパラリと施してあります。



昨年(というより今年ですが)は2/12に定植を完了していますので、2ヶ月も早いです。
今回はオイラがネットを張るように伝えてありますから、また仕事が増えました。

品種と株数は後日数えて記載します。  
Posted by HAL at 18:28Comments(2)TrackBack(0)母の教え

2011年12月19日

チガヤとの戦い

昨日は冷え込んだものの、風は穏やかでした。

これからの時期は雑草もあまり生えないので「農閑期」だそうですが、週末ファーマーのオイラには無縁の言葉です。
確かに除草作業は減っているものの、

:ゴボウの収穫
:長芋の収穫
:ジャガイモの収穫

が残っており、開墾作業も進めています。
ほとんどがスコップを手にした作業で、まるで土木工事ですね。

昨日はチガヤの中にあるアスパラの救出作戦を敢行しました。
右側は少しチガヤが侵入したアスパラの株です。
左手に6株ほど小さな株があります。
上方は隣の畑で、耕作放棄地となっています。



ここはチガヤとスギナが少し、そして表土付近にはハマスゲがあります。
チガヤは60㎝ほど下まで根を伸ばしており、なかなか進みません。



こちらは作戦中の画像で、チガヤの進行を食い止めるべく隣地境界まで掘り進みました。
それと、アスパラの木が枯れてなくなると株の位置が分からないので目印を立てておきました。



こちらが今日の作業です。
チガヤの根はバケツに6杯。
まだまだ救出作戦は続きます。



こちらは今日の収穫です。
表面の赤い紅心大根、それに初収穫の博多かつを菜とセロリです。
博多かつを菜は食べてみると小松菜よりもち菜に近いですね。
セロリはスライスして生で食べましたが、旨いです。



そして、ほうれん草とロマネスコです。
ほうれん草は第一陣が終了し、第二陣の収穫を始めました。

  
Posted by HAL at 06:00Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2011年12月18日

ヤーコンの収穫

昨日も朝は冷え込んで霜が降りていました。

気になっていたヤーコンをやっと収穫することが出来ました。



割と簡単に掘ることが出来ましたが、芋がポキポキと折れますね。
栽培期間が半年以上であったことから、スギナもバケツに一杯です。

こちらは種芋を取り分けたところです。
4株での収穫量が多いのか少ないのかが分かりません。
食べられる部分より種芋のほうが多いです(来年は倍増計画を実行か)・・・



スコップを持ったついでに隣にあるアピオスを収穫。
掘りだすとスギナが気になってどうしても深く掘ってしまいます。
結果としてあまり進みません。



夕方まで頑張りましたが、少し掘り残してしまいました。
バケツがスギナ、収穫籠にアピオスです。

午後は友人が野菜を取りに来たのでお裾分けをしましたが、残念ながら写真が撮れませんでした。
  
Posted by HAL at 06:45Comments(4)TrackBack(0)収穫

2011年12月15日

今朝の野菜たち

今朝も畑は霜で真っ白でした。
最近は日が短いために菜園活動ができず、ブログネタがありません。
車の凍ったウィンドウを融かす間に写真を撮ってきました。

こちらはヤーコンで、早く収穫しなければならないようです。



ピーマン、カラーピーマンは最後の収穫ができませんでした(泣)・・・
一番手前に一株だけトウガラシがあります。



こちらはヒョロヒョロのタマネギです。
今年はトウ立ちせずに収穫がしたいものです。



さて、こちらは4月に何度か種まきをしたセロリです。
4株だけが何とか育っています。
もっと長くなるのかと思っていましたが、ここまでのようですね。



種から育てている3株のロマネスコですが、随分と育ってきました。
(手前3株で、奥は苗を買ってきたもの)
このままゆっくりと育って欲しいものですが・・・

  
Posted by HAL at 18:16Comments(4)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月12日

サツマイモの保存

相方がサツマイモが欲しいというので、10日の土曜に掘り出してきました。
と言っても、芋掘りは母がすでに行っており、保存してあるものです。

サツマイモは栽培していた菜園№3に里芋と同様にビニールシートを掛けて周囲は土が盛ってあります。



土をどけて、ビニールシートをめくると、使い古した毛布を掛けています。



さらに毛布をめくると、稲藁が現われます。



そしてこの稲藁をどけるとやっとサツマイモが出てきます。



穴の深さは40~50㎝ほどでしょうか、このまま必要なときに取り出して食べることになります。
この日に取り出したサツマイモはこれです。



そういえば、オイラの子供の頃はふかし芋がおやつでした。
それよりも切り干し芋が大好きだったので、母にこのサツマイモでは出来ないかと尋ねたら、「品種が違う」と言われてしまいました。
来年は探してみようかな。  
Posted by HAL at 20:55Comments(4)TrackBack(0)母の教え

2011年12月11日

今日の農作業

今朝は昨日ほど冷え込まなかったようで、氷が張っていなかった。
昼間はあまり風もなく、雲間から太陽が覗けば暖かい。

今日は開墾を始めたところで母から「えんどうを定植するので耕して欲しい」と言われた。
師匠には逆らえず、一日耕耘機で耕していました。
ここはキュウリ、キワーノ、ニガウリ、十六ささげ、シカクマメ、オクラ、バジルを栽培していたところです。



三回耕して苦土石灰20㌔を撒いたところ足りなくなって急遽HCへ。
結局ヤーコンは掘れませんでした。



母はオイラが昨日耕した場所にキャベツ第四陣の定植を行っていました。
こちらが定植前の苗です。



定植はまず紐を張って足跡を付けていきます。



一株づつ植えつけていきます。



こちらが定植完了後です。
全部で80株ほど・・・



こちらはお裾分けするために収穫した野菜たちです。
紅心大根、カブ、大根、キャベツ、ブロッコリー、ニンジン、白菜、ミズナ、長芋、サツマイモ、下仁田ネギ



覚えとして。

黒豆を収穫しました。
もっとカラカラに乾燥しているかと思ってた・・・
一回分ぐらい食べられればいいけど。



こちらは12/5に相方が実家から貰ってきてくれた籾殻です。
これだけあればふんだんに使えます。感謝。



  
Posted by HAL at 18:24Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2011年12月10日

霜の朝

今朝はこの冬一番の冷え込みで寒かったですね~
畑は霜で真っ白、氷点下まで気温が下がったようで氷も張っていました。



すぐ前の記事でジャガイモが枯れないと投稿しましたが、見事に萎れました!



花が咲いていたヤーコンも。



楽しみにしていたパプリカもやられました(泣)。



そんな寒い朝でしたが、ロマネスコはどうもありません。



これは午前中の収穫です。
えんどう、ロマネスコ、キャベツです。
キャベツには3頭も夜盗虫がいました・・・



午前はゴボウと



長芋の収穫をしていました。



午後は母からキャベツ第四陣の定植をしたいから、耕耘機で耕すように言われて、



撤去した菊の跡地をまずスギナを大まかに掘ったあと耕耘機で耕しました。



今の時期は農作業が出来る時間が少なくて困ります。

こちらは母がジャガイモの試し掘りをしたので、そのお裾分けです。

  
Posted by HAL at 19:25Comments(2)TrackBack(0)菜園活動

2011年12月09日

ジャガイモが枯れない

ブログタイトルの「忘備録」を「備忘録」に変えます。
ず~~っと気になっていたのですが、やっぱり。


この一週間こそ寒くなってきたものの、暖かい陽気が続いています。
例年だと12月は毎朝のように霜が下りるのですが・・・

こちらは菜園№2にあるジャガイモ達です(12/7)。
霜にやられた様子もなく青々として白い花も咲いています。
昨年は20日過ぎに掘ったのですが、今年はどうでしょうか・・・



母はこちらの菜園に予備(スギナに負けた時のために)で里芋を栽培していましたが、この冬用にと掘り起こさずにビニールシートがかけてあり、必要なときに掘り起こして収穫します。



一番奥には来冬用のネギが育てられています。
この画像だとイネ科みたいですね。



こちらが越津ネギの苗です。



そして下仁田ネギの苗です。
こちらは母に種を買ってくるように言われて、11月中旬に種蒔きをしたのでやっと芽が出てきたところです。

  
Posted by HAL at 06:06Comments(4)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月07日

野菜の様子

先週末は菜園活動をしていなかったので、ブログのネタに今朝出勤前に畑を一回りしてきました。

こちらはスギナを抑えるために蒔いたえん麦です。
もう30㎝を超えており、冬を越せるのかが心配です。



未だに掘れないヤーコンに花が咲いていました。
株のわりに小さな(貧弱な)花です。



11月が暖かかったせいか、イチゴに花が咲いています。
何回か摘んではいるのですが・・・



母は菊の花が終わった株から切り詰めて植え替えを行っていました。



これから咲く株もあるようなので、順次植え替えを行うと思います。



ちなみにこちらはプランターに2株の苗を定植したパセリです。
相方が料理の彩りに使っています。

  
Posted by HAL at 09:17Comments(2)TrackBack(0)畑の様子

2011年12月05日

長野の戸隠へ

12/2,3は長野の戸隠へ行ってきました。
毎年この時期に長野方面へ出かけています。

学生時代に北海道で出会った仲間と一年に一度同窓会のようなものをしており、すでに三十数回になります。
仲間の一人が紆余曲折の末、教員をしている長野県に集まるようになりました。

いろいろと場所を変えるのですが、今年は「戸隠でソバを食べよう」ということで。
泊まった宿は戸隠神社のうち宝光社の近くの「築山館」という宿坊を兼ねた宿です。



宿泊客はオイラ達だけで、静かに過ごすことが出来ました。
夕食はソバが食べ放題だったのですが、一通りの料理を食べたあとなので2枚が限度でした。

翌日はまず宝光社に参拝です。
急な石段が三百段ほど・・・



息が切れた頃に社殿があります。



次いで「神道」を中社へ向かって歩き出します。



年には勝てませんね・・・
15分ほど歩いて挫けそうになった頃に宿へ戻るルートが現れ、車で行くことに。

車では先に奥社へ。
ここから徒歩で40分かかるので、入り口で諦めました。



ここは鏡池です。
無風であれば山が水面に映るのでしょうが、この日は冬の天気で、風が強かった・・・



そしてここが中社です。



昼食にソバを食べたあとは東山魁夷館へ戻り、眼の保養をしたあと帰路につきました。
東山魁夷館は、収蔵品が多く行く度に違う美術館のようなので、長野市へ行けば善光寺へ寄らなくても必ず寄るようにしています。



集まる仲間は、学生時代に同じユースホステルに泊まりあわせ、一緒に羅臼岳に登ったことが縁となっています。
職業も住む所もバラバラなので、自分とはまったく違う業界の話などが聞けるので楽しみにしています。
ただ、今年は初めて定年後の話題が出てきた・・・

オマケ

出かける前にカリフラワー、ブロッコリー、コールラビ、えんどうの収穫をしておきました。

  
Posted by HAL at 06:12Comments(2)TrackBack(0)その他

2011年12月02日

四川児菜と四川搾菜

最近は日の出が遅く日の入りが短いため、畑を観察する時間がありません。
今日は雨が降っていたのですが、出勤前に少しだけ観察をしてきました。

これは四川児菜(アーサイ)と四川搾菜(ザーサイ)の畝です。
左側は直播きで2品種を二列一畝、右側は苗を育苗したもので同じく2品種を二列一畝です。
ここまでくると生育状況は変わらず、どちらも40~50㎝の高さです。



この2品種は中原採種場のHPを見ていて「新発売」につられて衝動買いしたもので、収穫時期と調理方法がよく分かりません・・・
袋に入っていた種を全部使ったので、一列に30株ほどあります。
珍しい野菜を育てようとするのは母に似たのかもしれません。

こちらは四川児菜(アーサイ)のUPです。



今週の母は、キャベツ(第三陣)と菜花、大蒜、分葱に土寄せを施していました。





こちらは先週オイラが耕耘機で耕しておいた場所ですが、夏菊の苗を採って定植してあります。


  
Posted by HAL at 12:09Comments(4)TrackBack(0)畑の様子