QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
HAL
記録的な猛暑だった2010年の夏は野菜が高騰しました。それならば自分で作ろうと思い立ち、母(大正生まれ)が元気な間に野菜の作り方を教えて貰おうと弟子入りしました。

2011年04月30日

菜園活動

今日はまず収穫から。
イチゴの初収穫です。
僅かですがやっぱり畑のイチゴが一番ですね。
ほかにワケギとナバナ(晩生)です。
ナバナは撤収するつもりですが、食べ頃でしたので収穫しました。
ワケギは随分球になってきました。



ジャガイモのアンデスや男爵は大きな芽が出揃っていますが、
2日遅く植えつけたシャドークイーンやノーザンルビーは発芽が遅いです。
スギナなんかに巻けるな!



今日も耕耘機でスギナとの格闘です。
スイカをゴールデンウィーク中に植えるということで耕耘機で耕しました。



母はゴボウの播種の後は、ジャガイモの救出作戦です。
スギナを抜きながらジャガイモの芽掻きを行っていました。

  
Posted by HAL at 20:10Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月30日

ゴボウの播種

今日は午前中に母がゴボウの播種を行いました。
単純に畝を立てて播種するのではなかった・・・

2月に20cmほどの畝を立てて「石灰窒素」を撒いていました。
その畝を鍬で混ぜていきます。
「石灰窒素」は2月中にまかないとだめだそうです。



次に反対側も混ぜて少し畝を立てます。



畝立てが終わると真ん中が割れていますので、そこに麦わらを敷いていきます。



その後、土を寄せて畝を高くします。



反対側も同様に土を寄せていきます。



土を寄せた後、鍬で均して「マンノ」の柄を使って撒き溝を作ります。



反対側も同様に鍬で均して撒き溝を作っていきます。



撒き溝に種を2~3cm間隔で撒いていきます。
こうすることによって間引きを行わなくても良いそうです。



種を蒔き終ったら両手で土を掛けていきます。
掛ける土は薄くて良いそうです。



今回播種した種がこいつです。



土を掛け終わったら化成肥料をパラパラと撒いていきます。
これは「呼び肥」といって必ず行うそうです。



そしてゴボウの播種が完了した畝です。
普通ならば種を土と密着させるために踏むそうですが、
天気予報では明日は雨、なのでそのままだそうです。

家庭菜園でこんなことしてるのかな・・・
ここまで半日もかけています。
大変だな~~

  
Posted by HAL at 20:00Comments(0)TrackBack(0)母の教え

2011年04月29日

スギナと格闘

今日からゴールデンウィークです。
しかし、今年は菜園活動で終わってしまいそうです。

まずは菜園を一回りしたところてイチゴが色付いてきました。
明日にでも初収穫をしてみようと思います。



こちらは早生のエンドウ「成駒三十日」で、今日やっと発収穫をしました。



今朝はこのエンドウとアスパラも収穫をしました。



これは収穫中の「グリーン&レッドマスタード」です。
真ん中は「小蕪」で、昨日間引きして追肥をしました。




それと収穫を始めた「葉っぱミックス」です。
因みに奥は「わさび菜」です。



その後はスギナとの格闘が始まりました。

ナバナを撤収したのですが、根元に生えているスギナを取り除くほうが主となってしまいました。

撤収前はナバナの根元にびっしりとスギナが生えています。



掘り始めるとついついスギナの根をすべて取ってしまいたくなるものですから中々進まないです。



昼過ぎにやっと撤収が終わりました。



その後はスギナの生えだした場所を耕耘機で耕します。



ここもです。



母は長芋の植え付け後にジャガイモの芽掻きをしていました。



「アンデス」の芽は一本しか出ないので芽掻きは必要ないそうで、これは「男爵」です。
芽を掻く前にスギナを取っていました。
因みに、掻いた芽は植えれば芋ができるそうですが、植える場所がないので今回は捨てていました。

  
Posted by HAL at 21:30Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月29日

長芋の植え付け

今日は母が長芋の植え付けを行いました。
一月ほど前に高さ約20cmの畝を作り苦土石灰を撒いていました。
雑草を取り除いた後、畝を半分から分けて真ん中に「石灰窒素」を撒いていきます。



その後「石灰窒素」の上に藁を乗せて両側を鍬で盛り上げます。



盛り上げた両肩に芽が出るところを上にして斜めに長芋を並べていきます。
種になる長芋は前年に収穫したものを使っています。



そして長芋に鍬で土をかけて行きます。
こうすることによって芽が出るところの土が薄くなるそうです。



この後肥料を与えるそうです。  
Posted by HAL at 21:07Comments(0)TrackBack(0)母の教え

2011年04月27日

有給休暇

昨日は有給休暇。
友人と三人で魚釣りに行ってきました。

寒かった~~
四月も下旬だとゆうのに最高気温は8℃くらいだった・・・・
おまけに雨が降ってきて・・・・

最初に入ったのはこんな川でした。



釣り始めてすぐに28㎝もある丸々としたイワナが釣れました。
ヒレの大きな綺麗な魚体です。
リリースしましたから、もっと大きくなるかも(多分、その前に釣られてしまうでしょうが・・・)



釣れたのはなんてことない、こんな毛針です。



その後場所を変え、川を変えましたがまったくカスリもしなかった・・・
雨に濡れてあまりの寒さに四時頃終了ですわ。

仕事を休んでパラダイスをという目論見が見事に外れました。

例年ですと今の時期は週一で渓に出かけていきますが、
今シーズンはやっと2回目です。

野良仕事が忙しくてちっとも行けません・・・
  

2011年04月24日

菜園活動

今日は昨日と打って変わって暖かい一日でした。
珍しく相方が終日手伝ってくれましたので、昨日と併せて二日分の農作業ができました。

まずはナバナ第一陣の撤収です。
撤収前は株元にスギナがギッシリです。



約3時間かかって撤収できました。



続いてべたがけシートでは窮屈そうですので、昨日購入した防虫シートへの変更です。



相方にはまずイチゴのランナーを摘んでもらいました。



次いでスギナと戦ってもらいました。
といっても頭を切ってもらうだけですが、これで耕耘機で耕すことができます。



こんなところも。



オイラはナバナの撤収後にヤーコン(4株)の植え付け。



アピオス14球の植え付け。



「べにむらさき(日野菜)」と「春京赤長水」の播種。



九条葱の播種。



ロケットの播種。



ミズナの播種。



枝豆の播種。



さらに育苗箱にセロリを播種しました。



オマケにポリ容器に「オクラ(ベニー)」と「バジル」を播種しました。



今日は日の出とともに活動を始めて、日没まで作業をしていました。
風呂に入って酒を飲みだしたらヘロヘロですわ。  
Posted by HAL at 19:44Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月23日

野菜の苗

今日は終日雨で、風も強くて菜園活動ができませんでした。
週末ファーマーには嘆きの雨ですね・・・・

仕方がないので近くの園芸用品店で野菜の苗を購入してきました。
それと夕方にはネットで注文をしていた野菜の苗が届きました。



届いた苗は
〇シシリアンルージュ=4株
〇レッドマジック=4株
〇キワーノ=4株
です。また購入した苗は
〇小ナス=2株
〇ヤーコン=4株
です。

基本的に栽培する野菜の種類や品種は母に任せています。
今年はどんな品種が畑にあっているかを覚えようと思います。
今回購入した苗はオイラがあくまでもオマケで栽培するものです。

畑への定植は母がほかの苗を植えつける時期にあわせます。

こちらは今朝雨の中で初収穫をした「グリーン&レッドマスタード」です。
真ん中は小カブで明日にも間引きをしようと思います。

  
Posted by HAL at 18:43Comments(0)TrackBack(0)種・苗

2011年04月21日

ナバナ収穫

先週ナバナを収穫したのにまた伸びています。
収穫しておかないと花が咲きそうなのであわてて収穫しました。

でも、とても家族で食べきれる量じゃない・・・



ナバナは何度も摘んでいますから随分と細くなってきました。



こちらは晩生のナバナです。



もう一度収穫したら今年のナバナはお終いですね。  
Posted by HAL at 08:39Comments(0)TrackBack(0)ナバナ

2011年04月21日

ソラマメの摘心2

今朝で三日間出勤前の1時間ほどをかけてソラマメの摘心が終わりました。



これで週末はスギナと格闘できます。
摘心したソラマメの畝です。


  
Posted by HAL at 08:35Comments(0)TrackBack(0)マメ類

2011年04月19日

ソラマメの摘心

17日に母からソラマメの摘心について教えて貰いました。

ソラマメは上の方の実が「シーナ(中の実が食べられない)」になるということで摘心を行うのだそうです。
週末だけでは時間が足りませんので、今朝3畝の4割ほどを行ってきました。

現在背の高いもので90㎝ほどで、7~8段目の花が着いています。



これを花が着いていますが切る。
手で摘んだ方が良かったのかもしれませんが、作業が楽なのでハサミで切りました。
問題はないと思いますが・・・



頭が垂れていたソラマメの摘心後です。

  
Posted by HAL at 09:00Comments(0)TrackBack(0)母の教え

2011年04月18日

菜園活動

17日の菜園活動です。

まずは息子がスギナを取ってくれた穴と以前に自分で取った穴を埋めて耕耘の準備をした後、
一日中耕耘機で耕してはスギナの根を拾い集めていました。

ここもや


ここもです。


3/21に播種した小蕪とマスタードが混み合ってきましたので、



これくらい間引きを行い、ベビーリーフとして食べました。



母が午後から先週植え付けた里芋に鶏糞を撒いていきました。
鶏糞は種芋の間に一つかみずつ置くように撒いていました。



母からお許しが出たので夕方にタマネギと春キャベツの初収穫です。



タマネギは「極早生」と行っていました。
後は収穫が続くサニーレタスとワケギに春菊です。

早速夕食に食べましたが、春キャベツ、新玉は旨いですね~~

  
Posted by HAL at 09:38Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月18日

菜園活動

16日の菜園活動です。

やっと霜も降りなくなって、日中は春本番の暖かさです。
それと共に至るところからスギナが顔を出してきました。

ホウレンソウを取りに、久しぶりに建物跡地へ行くと



ホウレンソウ、コマツナがトウ立っており、とても収穫できません。
(後ろはソラマメです)

しかし、こちら側に採り頃のホウレンソウがあります。
さすがですね~。

越津ネギの苗はここに定植したのか・・・
トンネルの中は確認してないな~・・・



さて、いつもの畑ではイチゴに防鳥ネットを張りました。
どんなものが良いか、さいずはどうか、張り方もわからず、
「1.8m×18m」を畝別に張ろうかと思ったけど、一枚で2畝にしました。

まっ、いいか~



あとは、ミズナ等を撤収した残渣を入れていた穴を埋め戻して耕耘機で耕しました。



そして、あちらこちらをスコップで掘り起こしてスギナ退治です。
午後は息子が暇だからと手伝ってくれました。



こちらは越津ネギです。
ネギボウズが出てきましたのでこのように刈り込んであります。
母が言うには、
「秋に播種した苗は夏場に食べられそうだが堅くてダメで、食べられるのは冬になってから。
この冬のネギをこうやって刈り込めば夏場に柔らかいネギが食べられる。」
だそうです。


  
Posted by HAL at 09:19Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月15日

今朝の野菜

このところ暖かい日が続き、霜も降りなくなってきました。
日の出が早くなったので、昨日今日と出勤前に1時間ほどスギナ取りをしています。

今朝の野菜たちの状況です。

ツタンカーメンに花が咲きました。
絹莢はまだ咲いていません。



タマネギはグングン成長してきました。
今週末には早生を収穫してみようかな・・・



エンドウとタマネギの間に植えた下仁田ネギです。
しっかりと根付いたようです。



こちらはイチゴです。次々に花を咲かせています。
鳥につつかれる前に網をしたいです。
どんな網が良いか母に聞いてみます。



さらに春キャベツ第一陣です。
かなり鳥害にあいましたが玉になってきました。
こちらも今週末には収穫してみます。



こちらはリーフレタスです。
収穫を続けていますがとても食べきれません・・・
早く食べないとトウ立ってしまい焦ります。



こちらはワケギです。
ネギボウズを一つ発見しました。
例年よりも少ない株数だと思いますが収穫が間に合いません。




こちらはニンニクです。
茎が太くなってきました。



これはニラです。
葉が随分と伸びてきました。



さらに成長が続くソラマメです。
花がよく咲いています。



ジャガイモの芽が揃ってきました。
しかし周囲にはスギナがもっと芽を出しています。
今年もスギナの林になるんだろうか・・・・



こちらは先週母が植え付けた里芋の畝です。
全部ではありませんが盛り上げた土に石灰窒素が撒いてあり、里芋を植え付けた箇所にはわらが敷いてあります。
へ~~、こうするんだ~~


  
Posted by HAL at 08:59Comments(0)TrackBack(0)畑の様子

2011年04月11日

菜園活動

この週末は大変暖かかったのですが、
休日出勤と近隣での通夜、告別式の準備であまり農作業ができませんでした。
それでも時間を見つけてミズナ跡地のスギナ取り(2m位しか進みませんでしたが)、
先週耕耘機で耕したところを再度耕し(1/3位)、鶏糞を入れて耕耘した後に畝立て、
少しだけの種まきを行いました。

やっとエンドウ(白花早生)に花が咲きました。
周りにはスギナが出てきています。



ジャガイモは発芽を確認しました。
土が割れている箇所が多く、週末の雨が効いたようです。



こちらはソラマメの様子で、随分と花が咲いています。



収穫はワケギ、菜花、ラディッシュです。
朝一に収穫して美味しくいただいています。



こちらは菜花の跡地を掘り返しています。
スギナの成長が早く、きっと気休め程度にしかなりませんけど・・・



バジルを栽培するのに畝立てを行っておきました。



先週の続きで耕耘機をかけました。



種まきは「金町小蕪」「グリーンマスタード」「レッドマスタード」「だるま大根」「ラディッシュ」です。
それぞれを1mほどスジ蒔きして如雨露で水をまいた後、不織布をベタ掛けしておきました。

  
Posted by HAL at 10:49Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月08日

菜園活動

昨日7日は仕事を休んで菜園活動でした。
朝一に畑を見回るとスギナが顔を出し始めております。
この冬は根気よく耕耘機で耕したあとスギナの根を拾い集めたのですが・・・・

エンドウの横でツクシも出ていましたからスコップで1畝分起こしてしまい、
随分と時間がかかってしまいましたました。

この日の作業は、先週残していたキャベツと大根をすべて撤収し、耕耘機で耕しました。



次にミズナのトウが立ってしまいましたから、これも撤収しました。
撤収するときに数えたら19株ありました。

半分ぐらいは食べられただろうか・・・
何かもったいないですね。



撤収後です。



掘り起こした根もとを見ればスギナが・・・・
ここでもスギナとの格闘が待っています。



こちらはこの日収穫した野菜です(キャベツと大根は撮影を忘れました)。
今が盛期のワケギ、菜花それにラディッシュ、リーフレタスです。



この日は翌日に雨の天気予報です。
母はこれを待っていたかのように里芋の植え付けを行いました。
(案の定雨が降り出しました)

これが昨年収穫して保存してあった里芋です。
保存方法は、60㎝ほどの深さの穴を掘り、そこに里芋の株全体を「逆さ」に並べて置いてあります。
また、周囲にはわらを被せ、更にビニールシートで覆って地温が下がらないようにしてあります。



この中から今年の種芋にするものを選んでいきます。
種芋は必ず「子芋」を使うそうで、大きさは5~8㎝程度です。
「孫芋」は種芋にしないそうです。
芋を分けないのは腐らないようにするのと、「子芋」を選びやすくするためのようです。
これが種芋です。



種芋にしないのは当然食用になります。
かなり食べなければならん・・・



種芋は20㎝ほどの間隔で植え付けていました。



植え付ける深さは5㎝程度で、埋めたあと必ず叩いていました。
種芋は芽だしを行うことなく、頭を上にしてそのまま植え付けていきました。



ジャガイモの横に全部で7畝の完成です。
この内「早生」が5畝、「赤芽」が2畝だそうで、「八頭」は5個だそうです。



母に聞いたところ、栽培する里芋は「早生」「赤芽」「八頭」の3種類だそうです。
「早生」は子芋だけを食べて親芋は捨てる。
「赤芽」「八頭」は親芋、子芋、ダツ(芋茎)も食べる。

また、種芋の更新は値段が高くてしたことがないそうで、
父親(つまりオイラのじいさん)が作っていた芋をずっと栽培しているそうです。

って、じいさんがなくなったのは丁度50年前のはずだけど・・・・・
となると、60年か70年間ず~~っと同じ里芋を作り続けていることになります。

  
Posted by HAL at 13:58Comments(0)TrackBack(0)菜園活動

2011年04月04日

記録

今朝の野菜たちの様子です。
4月だというのに霜で真っ白です。

まずはエンドウ兄弟。

↓白花早生「成駒三十日」で、最も成長が早いです。



↓そして赤花絹莢



↓これがグリーンピース



↓ツタンカーメン



↓そしてスナックです。



↓こちらは急成長をしているソラマメです。



次いでネギ兄弟の様子です。

↓こちらはニラとニンニクです。



↓これは先週から収穫が始まったワケギです。旨いです。



↓タマネギです。ずいぶん背が高くなってきました。



↓こちらは春キャベツです。鳥害にあっていますがもう結球が始まりました。楽しみです。



↓春キャベツの第2陣です。



↓こちらはイチゴです。



↓こちらは定植したミズナで、大株に育ってくれましたが、収穫が間に合わず花が咲き出してしまいました。



↓こちらはリーフレタスで、先週から収穫を始めました。



↓こちらは収穫中のナバナです。



↓こちらはナバナの晩生で、昨日最初の花芽を摘みました。

  
Posted by HAL at 16:50Comments(0)TrackBack(0)畑の様子

2011年04月04日

趣味

私はフライフィッシングという西洋毛針釣りを趣味としています。
この世界に足を踏み入れて30年位にはなるでしょうか。
まあ、ほかの遊びに浮気をしたりしましたが、今のオイラにとって唯一趣味といえるものです。

例年ですと年明けから頭の中では魚が泳ぎ始めて、仕事の関係でそれでも3月には渓に立っていました。
ところが、今年は菜園活動を始めたことから4月の解禁となってしまいました。

昨日行った渓はこんな所です。



昨日は4月というのに寒い一日でした。
日差しは4月ですが、風は3月上旬で気温もやっと10℃でした。

それでも17㎝ほどのこんなアマゴや、



20㎝ほどのイワナが顔を見せてくれました。



朝10:00から16:00までに3尾がやっとでしたが、久しぶりに楽しませて貰いました。
遊んでくれた魚は写真を撮ってリリースしております。  

2011年04月04日

菜園活動

2日の菜園活動です。

先週ブロッコリー2畝を終了としましたが、根本からスギナが伸び始めておりました。
このままでは今年もスギナ畑と化してしまいますから、せめて耕耘機で耕さなければなりません。
ホントはスコップで掘って一網打尽にするのが最善ですが、もはや諦めております。

朝から畑の中央部にW=60㎝、L=2.5m、深さ70㎝の穴を掘り(当然スギナの根を取りながらです)、
そこに、ブロッコリー、チンゲンサイ、ミズナ、キャベツ等の残渣を放り込んで米糠をまいておきました。

チンゲンサイは菜花をずいぶん収穫しましたので終了としました。
ここのミズナもトウが立ってきましたので終了としました。



ここがこれから耕耘機で耕す場所です。



午後は歯医者の時間を除いて耕耘機を動かしていました。


  
Posted by HAL at 16:12Comments(0)TrackBack(0)菜園活動